2007.12.27 フォレストヒル 講師・スタッフ・その家族
 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 昨年も弊社をご愛顧いただきまして誠にありがとうございました。近年の多方面にわたる社会情勢の変化の中で、 少しずつではありますが音楽などの「文化」が持つ役割の重要性・必要性が認識されてきたように思います。
巷では文化、カルチャー関連の産業に活性化の様相が見られてきたようですが、 弊社アカデミーにおいても幅広い年代の方々の新入会があり、その一端が窺えるように思います。
弊社では今年もその流れを大切に更に皆様の有意義な音楽活動のお手伝いができますように、 販売(フォレストヒルギター・マンドリンショップ)、教育(フォレストヒルミュージックアカデミー)、 企画(フォレストヒル音楽工房)、制作・出版(フォレストヒルレコーズ・フォレストヒルエディション) の各部門において更なる努力をして参りたいと存じます。 今年も倍旧のご愛顧をお願い申し上げます。

株式会社フォレストヒル
      代表取締役 森岡晃


中野義久(ギター科主任講師)

みなさま明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
僕にとって昨年2007年は忙しいうちに嵐のように過ぎていった・・という印象です。
いろんなことがあったんでしょうけど、もうすべて遠い昔のようです。中では、 フォレストヒル発表会兼ひき初め会(打ち上げで半死半生になってしまいました)、 上野芽実さんのコンクール優勝記念演奏会(よく頑張りました!)、 荘村清志さん&マリア・エステルさんのジョイント・コンサート、 そして十何年ぶりかに「アランフェス協奏曲」をひいた自分のリサイタル(ほんとによく頑張りました!!) などが手帳を見直して記憶が蘇ってきました。更に、年末の福田さんのリサイタル! 改めてあのエネルギーに圧倒される思いでした。負けずにマダマダ頑張るぞ!という気にさせてもらいました。
今年の目標は、「(同僚とプロ志望の若手に厳しい)鬼のナカノ」になることです。もちろん、 一般の生徒さんには今まで通り「仏(ホットケ?)のナカノ」でいますのでご安心下さい。