●オスカー・ギリア Oscar Ghiglia(1939- ) イタリアに生まれ、ローマの聖チェチリア音楽院に学んだ後、サンチャゴ・デ・コンポステラ音楽院及びシエナ・アカデミア・キジアーナ音楽院でアンドレス・セゴビアに師事。後にパリ国際ギター・コンクールで優勝した。 巨匠セゴビアに認められた数少ない後継者の一人として、シエナ・アカデミア・キジアーナ音楽院の夏期講座を受け継ぐかたわら、コロラドのアスペン音楽祭、北イタリアのガルニャーノ国際ギター・コンクール等でマスタークラスを受け持っている。 2001年にはスイスのバーゼル音楽院の教授を退任した。
その優れた教授法はギター界のみならず音楽界全般から高い評価を得ている。現在、第一線の演奏家、教授として活躍する多くがその門下生であり、高弟としてエリオット・フィスク(ガルニャーノ国際ギター・コンクール優勝/ザルツブルク・モーツアルテウム音楽院教授)シャロン・イスビン(トロント国際ギター・コンクール優勝/ジュリアード音楽院教授)ステファーノ・グロンドーナ(ミュンヘン国際ギター・コンクール第2位/イタリア・ヴィツェンツァ音楽院教授)福田進一(パリ国際ギター・コンクール優勝)らの名前が挙げられている。
2002年に約30年振りに福岡公演を果たした、ギターの巨匠、オスカー・ギリアはその円熟した境地と感動を音楽ファンの心に刻みつけてくれました。今回はポンセの大作「スペインのフォリアによる変奏曲とフーガ」をはじめとし、愛弟子・福田進一との二重奏では、バッハのトリオソナタ(BWV525)、ブラームスの「主題と変奏」、そして前回も素晴らしい演奏を聞かせてくれたソルの「幻想曲」などを演奏します。 特別出演と致しまして、当アカデミー主任講師の中野先生を交えて「ヒンデミット作曲のロンド」も演奏されます。 音響いい「あいれふホール」での2度目のリサイタルとなりますが、この夏最大のイベントと言えるでしょう。
>> リサイタルポスターはこちら (765K PDF)
>> ポスターその2(同じもの) (100K JPEG)
PROGRAM 第1部 / J.S.バッハ/トリオソナタ ト長調(原曲:トリオソナタ 変ホ長調 BWV525/編曲:A.クラウゼ)[*] M.M.ポンセ/スペインのフォリアによる変奏曲とフーガ 第2部/ ヴィラ=ロボス/3つの前奏曲 J. ブラームス(J.ウィリアムス編)/主題と変奏(「弦楽六重奏曲 第1番 op.18」より第2楽章)[*] F.ソル/幻想曲 op.54bis [*] [*]は二重奏、その他はO.ギリアによる独奏
オスカーギリアリサイタル
■2005.8.16(火) 午後7時開演
■全席指定 : 前売り 5,775円 (当日6,300円) 税込
〔フォレストヒルミュージックアカデミー生徒は1割引〕
■あいれふホール(福岡市中央区舞鶴2丁目7-7 092-751-7778)
■主催・問い合わせ:フォレストヒル音楽工房 092-715-3828
■チケット取り扱い:ソラリアプレイガイド 092-716-8022 /フォレストヒル音楽工房 092-715-3828
前回(2002年)、オスカーギリアの風景
  リハーサル風景:福田進一氏とのデュオ 
  打ち上げにて:森岡とギリア氏 
  リサイタル前日:当店でギリア先生によるアンサンブルのレッスン中!(メンバーは、福田進一・藤井眞吾・松下隆二・竹内竜次)