好評をいただいております恒例の「サロンコンサート・ウィーク&ギターフェア」も今年で第7回目を迎えました。今年も来る4月20日(日)〜5月10日(土)まで開催いたします。この期間中には国産・舶来ギターをお買い得な価格にてご提供いたします。また期間中、当フォレストヒルミュージックアカデミー講師による無料のサロンコンサートを5夜にわたり行います。
 ギターフェアにおきましては、舶来ギターでは現存するギター制作家の中では世界最高の製作者といわれ、現在村治佳織さんなど人気ギタリストも使用して、日本でも人気が高く、入手が困難なロマニロス1世の作品や、スペインの良き伝統を今に伝える名工アルカンヘル※やマルセロ・バルベロ2世の作品など価値ある作品をご提供いたします。また国産ギターにおきましても、国内外で評価の高い製作家の作品を多数ご用意いたしております。その舶来・国産ギターを期間中はお買得なフェア特別価格にてご提供いたします。この機会に是非ご検討下さいませ。また期間中は各種ギター弦、チューナー、メトロノーム、足台など小物も日頃の割引価格よりさらに割引させていただきます。また輸入・国内楽譜、CD、ビデオを全品10%引きといたします。期間中に是非お買い求め下さい。
※ (アルカンヘルといえば今年9月に弊社主催で行うスペインの女性ギタリストで、世界的に評価が高い、マリア・エステル・グスマン氏もアルカンヘル作のギターを使用しています。そのコンサートも楽しみですね。)
また下取り、クレジット(60回まで)、もご相談下さい。出品品目ついて詳しくはフェアのチラシをご覧下さい。また同時開催のサロンコンサートは、当フォレストヒルミュージックアカデミー4人の講師と、当アカデミーで学ぶ若手ギタリスト達によるサロンコンサートを4月27日(日)、28日(月)、29日(火・祭)、5月2日(金)、5日(月・祭)の5夜にわたって、当フォレストヒル1Fフロアにて行うものです。当アカデミー4人の講師はそれぞれがソリストとしての実力を持っています。彼らのコンサートが期間中無料で聴けるという特別企画です。どのコンサートも25名様の予約制となっておりますので、お早めのご予約をお願い致します。演奏者と日時についてはフェアのチラシをご覧下さい。また4月26日(土)、27日(日)には、これもギターフェア中の恒例となっている名古屋在住のギター製作家、一柳邦彦氏をお招きして、ギターの無料クリニックを行います。一柳ギターのオーナーに限らず、皆様のお持ちのギターを一柳氏が無料で点検し、アドヴァイスやその場で可能な調整などを行うものです。一柳邦彦氏は現在39歳。日本のギター製作の基礎を築いた父、一柳一雄氏にギター製作の基礎を学び、さらに近年世界の銘器を研究することにより、よりレベルの高い楽器を製作することに成功しています。今、成長著しい日本の若手製作家です。是非この機会に一度点検にお持ち下さい。
 また当フォレストヒルミュージックアカデミーは、現在250名以上の在籍者がおられますが、このフェア期間中に当アカデミーに入会された方には、入会金(3500円)を免除いたします。是非無料体験レッスンを受けてみられませんか?(森岡晃

コンサートレポート
稲垣稔ギターリサイタルツアー
フォレストヒル音楽工房のマネジメントによって、関西在住の陥垣稔のリサイタル、
●福岡(3/15-土)あいれふホール(主催:フォレストヒル音楽工房)
●別府(17-月)/Bコンプラサ中会議室(主催:サンシティー音楽院)
●下関(21金-祭)/下閑丸山教会(主催:山口県ギター音楽協会)
●熊本(22-土)/コクリコホール(主催:熊本ギターを聞く会) で行われた。
稲垣による九州ツァーは5年ぶりである。今回の演奏でも、持ち前の美音と揺るぎない技術でそれぞれの曲の魅力を最大限引き出していた。とくに、カルレバーロの「5つのアメリカ風前奏曲集」は、作品と奏者の指向性が完全に一致した名演であった。また十八番の「トローバのソナチネ」も深い歌と心地よいリスムに彩られた素晴しい演奏を聴かせてくれた。今風な派手さを求めず、「これこそギターの魅力だ」というものを聴かせてくれる稲垣の存在はまさに日本におけるセゴビアの後継者といえよう曲目は、
◎メランコリー・ガリアルドとアレマンデ(J、ダウランド)、
◎2つのエピアフィオス(M.テオドラキス)、
◎独創的幻想曲(J.ヴィーニャス)、
◎ヘンデルの主題による変奏曲(A.ハリス)、 ◎5っのアメリカ風前奏曲集(A.カルレバーロ)、
◎プレリュードとダンサ(J.オルボン)
◎ソナテネ(FM.トローバ)。
(中野義久)